FC2ブログ





 福永方人氏は毎日新聞社会部の記者だそうです。
スポンサーサイト






 ツイッターで新聞社の人をフォローしてるんですが、その人が公式RTしていたのが上記のツイート。そのツイートに年表見ながら、その時代の出来事を赤字で適当に書き込んだのが次のもの。
1868年 明治元年
1894年 日清戦争勃発
1895年 三国干渉
1904年 日露戦争勃発
1905年 ポーツマス条約締結
1912年 サラエボ事件・第一次世界大戦勃発
1919年 ベルサイユ条約締結
1921年 日英同盟撤廃

1923年 関東大震災
1925年 治安維持法・参政権の拡大
1929年 世界大恐慌

1940年 東京オリンピック
1941年 太平洋戦争

 途中で馬鹿らしくなったのでやめたけど、歴史という一連の広大な流れの、ごくごく一部を切り取って「どや!」というのは馬鹿らしいと思う。エセ予言者って、こういう手口で人を騙すんじゃないでしょうか。
 繰り返すけど、上記のツイートを公式RTしてたの新聞記者ですよ。何が言いたいんだろうね?



 良く似ている人だなと思うし、テレビ局がサクラを用意するのも不思議ではないけれど、この画像が加工されたものではないという明確な証拠も、今のところ知らない。
 まあ、街頭インタビューの「町の声」や新聞の投稿欄とかは、編集がいくらでもできるから「このテレビ局は、こういう考え方を推したいのねえ」くらいにしておくのが良いかと。
 もちろん、ネット上の情報も。

 統計学を、あらためて勉強したいな。



 今日の馬鹿騒ぎについて、同感だなと思ったのが、この感想。
 でもって、


 革マル派
 …いや、まあ。国会議員であっても日本国民である限り、思想信条の自由はありますが。…革マル派ねえ…。

この調査結果でこのタイトルは失格。あるいは意図的に「マイナスイメージを植え付けたい」という印象操作の意図がミエミエ……国土強靱化は「復興にマイナス」3割 被災地首長調査 asahi.com/national/updat…  p.twipple.jp/ltR5l

— Raizo Fuwa(不破雷蔵)さん (@Fuwarin) 2013年3月1日




 この方、http://kyofu.takeshobo.co.jp/index こちらでお名前が出てくる加藤一さんです。ツイッターで、面白い事を色々話されるのでご紹介。



こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「作業するときに音楽は聴く?聴かない?」です。学校の勉強や仕事中、家で何か作業をしているときに音楽は聴きますか?音楽を聴いていた方�...
FC2 トラックバックテーマ:「作業するときに音楽は聴く?聴かない?」


 職場で残業する時は、DVDを持ち込んでる事が多いですね。完全に集中すると聞こえなくなりますが、残業が長引くと、ある程度音がないとしんどくて…。

 さて、気になったニュース。
点検技術の継承に懸念 富山県内、水力発電止められず
 原子力発電所の危険性を認識するのと、声高に「今すぐ止めろ、すぐ止めろ」と叫ぶのは全く別の事でしょ?

僕と日本が震えた日 (リュウコミックス)僕と日本が震えた日 (リュウコミックス)
(2012/03/02)
鈴木 みそ

商品詳細を見る

2012年3月3日(土)19:22
【復興遅れ「自民のせいでは」 谷垣総裁に被災者から批判】

2011年5月
東日本大震災復興再生基本法案
『復興への道標』東日本巨大地震・津波災害及び原発事故対策に関する緊急提言[第3次]
自民党からの提言 復興への道標

【統計的に見た、白血病起因による病死者数変移】
http://www.jgnn.net/ls/2011/12/post-3476.html

 上の記事は、Garbagenews.comの姉妹サイト、ライトニング・ストレージより。厚生労働省の人口動態調査を基に、ここ数年の白血病起因による病死者の変化を調べてあります。昨年より今年が増えていますが、昨年は一昨年より多かった。実はここんところ漸増傾向にあるという結果。「フクシマ」とやらが原因で、昨年から今年にガーンと増えたわけじゃないんだよ、ということ。
 だから、下のような発言を見たら、慌てずに「何を基に、その人はそんな事を言うのだろうか」を考えてみようという、本日の日記でした。

【kurusingo55氏「白血病は増えてる。でも素人はソースを聞くな」】
http://togetter.com/li/222533
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ