FC2ブログ

 先々週の末くらいから先週にかけて、私の猫である福の食欲が非常に落ちました。2.7~2.8kgで推移していた体重が、2.5kgまで落ち込んだくらいです。福は腎臓を悪くしているため、食欲が落ちたのはこれが悪化したためだと、かなり落ち込んでいました。

 ところが、先週の水曜日に転機が訪れます。福の顔の右側が、とんでもなく膨れているんです。そりゃもうはっきりと分かるくらい。毛むくじゃらの猫で、これは異常事態です。今は仕事が忙しい時期なので、どう足掻いても平日は福を病院に連れて行ってやれません。そこで実家の両親に水曜の夜に電話をし、金曜日に福を病院へ連れて行ってもらうこととしました。
 その翌日、木曜の夜。帰宅した私は心底仰天しました。福の右頬の毛がごっそり抜けて、真っ赤な皮膚が露出していたんです。これにはさすがに青ざめました。

 金曜日の午前中、約束通り両親が福をかかりつけの獣医さんへ連れて行ってくれました。診断を受けた結果、「おそらく歯の周りから黴菌が入って、炎症を起こして、膿が溜まったんだろう」とのことでした。そう、福の頬が盛大に晴れ上がったのは、炎症の結果、膿が溜まったためでした。

 獣医さんに頬を切開してもらい、膿を出したところ、福の食欲はあっという間に回復しました。
 いくら腎臓を患っているからと言って、食欲不振をすぐに腎臓だけに結び付けるのは失敗だったと反省した次第です。
スポンサーサイト




 ここの所、福の食欲がやや落ちています。特に先週土曜日から今朝にかけては、通常の5割程度しか食べないので、心配になって病院に行ってきました。他に待っている方もいなかったので、血液検査をしてもらったところ、貧血がややひどくなっていますが、腎臓の様子を示す数値は昨年6~7月よりも僅かに改善しているくらいで、ほぼ横ばい。今のところ急激な悪化はないようで、一安心しました。
 でもって、夕飯はしっかり食べてます。朝は普段の半分も食べていなかったので、ほっとしました。

ヘモグロビン 6.6g/dl
ヘマトクリット 20.0%
血小板 23.9×10000/dl
尿素窒素 26.5mg/dl
クレアチニン 2.16mg/dl

 週に1回、福を獣医に連れて行っています。その時に、ぼんやりと思ったこと。
1)お金は大事
 痛感してます。ペットを飼うなら、買える環境にあるのかどうかを検討する時に、お金のことも検討すべきです。福が皮下注射を受けている時に、病院にお金を払わない人から電話がかかってきたことがありまして…。もちろん獣医は詳しいことは仰いませんでしたが、色々大変そうな様子が伺えました。
2)他の患者のことが聞こえる
 診察室に電話があることは不自然ではないのですが、人の病院の場合ほとんどは内線電話だと思います。事務や看護師がいったん電話を受けて、それから医師に回す電話ですね。かかりつけ獣医の場合、事務室と診察室が一体化しているため、外線がそのまま診察室に入ってきます。他の患者のことが耳に入ってくる環境は、人の病院とは違う所です。
 また待合室と診療室が壁1枚(しかも診察券を受け取る窓が開いている)のためか、人の会話はほとんど聞こえないのですが、犬や猫の鳴き声は待合室に聞こえます。待ってる間に、自分の犬や猫が不安から暴れたりしないように、ちゃんと引き綱を握っておくとか、籠に入れておくのは必須だと思います。
3)できることと、できないことがある
 急患で運び込まれた犬が、そのまま亡くなって帰っていく場面に出会いました。生きるか死ぬかは、神仏の領域だと頭に叩き込んでおかないといけないなと、しみじみ思った日でした。

 さて。福の通院は続いています。週1回、皮下注射による水分補給と腎臓の機能低下を抑える投薬(注射)です。それと毎日の投薬(エースワーカー)。これで今のところ、体重2.8kg前後で落ち着いた生活になってます。
 加齢のためか、最近、福は近あまり爪とぎをしなくなったので、昨日は獣医さんに爪を切ってもらいました。抱っこができる猫なら自宅でも爪を切れると思うんですが、難しいようなら、かかりつけの獣医さんに頼む方が無難だと思います。診療台では飼い主が猫を保定するでしょうから、ペットショップにお願いするよりも猫の負担がいくらか軽いと思うんですよ。
 週1回の通院費は3,500円(皮下注射2,800円、薬代700円)。血液検査や耳掃除(福の耳は半折れです)がある時は、その分が加算されます。福のかかりつけ獣医さんの場合、爪切りは無料です。

 5月31日、福の腎機能低下が病院で確認され、投薬と通院が始まりました。現在も継続中です。もっと前にわかるべきだった。とりあえず、今は安定しているので投薬は毎日ですが、通院は週2回で済んでます。

 獣医さんによると、猫が慢性疾患に罹った時に問題になるのは餌。猫は食べたくない餌は、頑として食べないため、療養食を食べさせることが難しい場合が多いそうです。ありがたいことに、福は1種類だけ食べるものがあります。
ロイヤルカナン「腎臓サポート フィッシュテイスト」
 ドライフードに比べるとかなり割高ですが、本当にこれしか食べないので、価格は二の次です。

 生き物の寿命は神仏の領域ですので、同居人としては、できるだけ福が快適に過ごせるように気を配ることしかできません。看取る時は、しんどいだろうな…。
12 02
2008

 11月が慌ただしかったので、久しぶりのブログです。
 まずは福の病院通いの事。

 以前福の足の裏に、何だか良くわからない物が刺さっていたという日記を書きましたが、そっくり同じ物が、またある事に先日気づきました。しかし福は我が家に来て以来、通院以外では外に出ていませんので、枯れ木が刺さったということはありません。また、刺さっている物は、どうも床に落ちたゴミ…という物でもないのです。よくよく観察してみて、ふと思いつきました。

「これ、よく触ってみると肉球の固い所に感触が似てる」
「おまけに、“刺さっている”というより“生えている”というべきじゃ」

 そこで外耳炎の治療に出かけた際、お医者さんに足も診てもらいました。その結果。

「断定はできないけれど、この辺(肉球の端)の組織がこんな風になったみたいだ」
「(指で異物を折り)詳しいことを調べるなら、この根本に盛り上がってくる組織を検査するしかないね」
「ここにできたのは初めて見たけど、この辺(体の側面)にぼつぼつ並んでできたりするよ」
「どうしても、この子(スコティッシュフォールド)は異常がでやすいからね…」

 やはり“刺さっている”ではなく、“生えている”でした。以前は抜いてもらったのですが、あれも正確には根本から折れたようになっていたのでしょう。今回は特に検査はしていませんが、やはり気になります。とりあえず、歩行には大して影響していないようですが…。
 今は適正体重で元気も良いので、とりあえず様子見です。もし、同じような異物というかできものの事を聞いたことがある方、お話伺えればありがたいです。
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

 先週の土曜日に福を連れて病院に行き、耳を診てもらうついでに吐き戻しのことを尋ねてみました。
「福は我が家に来て以来、一度も吐いたことがないんです。
 毛玉が心配なんですが」
「ああ、ウンチと一緒に出よるよ」
 終了。
 私が延々と悩んだ時間は何だったのでしょう。その日に読んだ猫雑誌にも獣医さんのお話が載ってましたが、毛玉を全然吐き戻さずとも、便とともに排出するだけで問題無い猫もいるそうです…(苦笑)。吐き戻さないことは、何かあった時に獣医さんに伝える項目として、頭の片隅に置いておきます。まあ、元気が一番です。

 本日の動画。
 マスメディアは一所懸命に田母神氏に注目を集めようと頑張ってますが、それより私は下のマンション絡みの情報が欲しいんですがね。何で、マスメディアはろくにコレを追っかけないんでしょうか。
 そうそう、この問題で小沢氏は敗訴してます。
 繰り返しますが、マスメディアは何故こんな美味しいネタを追っかけないんでしょうね。


>耳ダニ
 にっくき耳ダニが、福の耳にまたもや住み着いたようです。耳を後脚で掻く、または頭を振る動作が増えてきました。さきほど両親に福捕獲のためのお手伝いを頼んだので、明日病院へ行ってまいります。それにしても、単独で福を捕まえられないというのは、やはり問題ですよね…。

 ここから福とは無関係の話題。
 現在、毎日新聞とともに、私の怒りの原因となっているのが、小沢一郎氏。

2007.12.6小沢民主党代表、7日に胡中国主席と会談
(2007.12.8)東京新聞『民主党政権』へ関係構築に成功 小沢訪中団 胡主席、異例の歓迎
(2008.10.20スポーツ報知)小沢代表アゲアゲ 上原さくらとネット番組共演
(2008/10/23西日本新)民主・小沢氏 「注目県」福岡にゲキ 現地入り 1ヵ月で2度 臨戦態勢ゆるめず
(2008.10.23朝日新聞)民主・小沢代表が「体調不良」 インド首相との会談欠席
(2008.10.24東奥日報)本県(青森県)4区問題で小沢代表が会見
 2007年12月に経団連引き連れて小沢“衆議院議員”が中国に行った時、日本は“国会開催中”でした。同時に北京五輪を控えた中国でチベット問題に代表される人権問題が問題になってました。2008年10月23日のインド首相との会談を“体調不良”を理由に欠席した小沢氏は、翌日、選挙対策のために青森県にいました。
(2008.10.24朝日新聞)印首相との会談欠席 小沢氏「首相じゃないから」と釈明

 ついで。
(2008.10.22日経)日印が安保で共同宣言 首脳会談、金融危機対応で協調
 福岡では自説をぶって元気溌剌、翌日はインドから来られたシン首相との会談を急遽欠席、さらに次の日には青森で選挙対策活動。言い訳は「だって、俺首相じゃなくて野党の党首だから」。
 い い か げ ん に せ ん か !
 ちなみに、インドは中国と国境を接しており、たびたび武力衝突しています。仲悪いです。
 そして、国会放り出して胡中国主席に会いに行くくらい、小沢さんは中国が好きです。

 誰かご存じでしたら、教えて下さい。
 どうして民主党は、こんな人を党首にしているのですか?

 本日、久しぶりにキャリーで寝ている福を発見したので、ささっと扉をしめて病院へ駆け込みました。今回から病院を変えたので、少々不安もあったのですが、当たりクジのようです。ここのお医者さん、ご自宅にスコティッシュフォールドがいるとのこと!しかも目が不自由で、つい最近下半身不随になってしまった11才の。…良い人に会えて良かったねと、会ったこともないスコさんに心中語りかけてしまいました。
 耳ダニの処置として、耳掃除の後に、穴の奥に薬を塗ってもらいました。これまでの病院だとここで終了なのですが、

「じゃ、ノミとダニを殺す薬をたらします。あと、かなりかゆみがひどいようだから、かゆみ止めを注射しておきましょう」

 …ああ、やっぱりフロントラインって耳ダニでも使えるんだ…。以前の病院では、最後までフロントラインは使われなかったんですよ。それぞれの考え方があるので何とも言えないのですが、福の場合、私が「自力で、耳に薬を落とせない」と伝えた時点で検討して欲しかったのです。これで少しは、かゆみが改善されると良いのですが。耳の裏側は、一本線を引いたように毛がはげてしまって…(涙)。
 自宅用にもかゆみ止めの薬をもらったのですが、これは「水薬」。お医者さんが診察中の福を観察して、口を開かせて錠剤を飲ませたり、スポイトで水薬を飲ませるのは難しいと判断され、相談の結果、次のような方法で飲ませることになりました。

「福はドライフードを水に浸して食べるので、この時に、指定量の水薬を水そのものに混ぜる。」

 夕飯では、ちょっととまどいながらも、水薬入りのご飯を全部食べてくれました。ほっ。

にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

 病院で左前脚の裏に刺さっていた異物を抜いたのが16日、そして今日残り3本の脚からも同様の物を抜いてもらいました。左前脚のは結構しっかり刺さっていたのですが、残り3本はそれほど深くなかったんです。
 抜いた後も、福は左前脚をかばう仕草はするのですが、以前よりも頻度が下がりましたし、無理に3本脚で歩くことはなくなったので、やはりあの異物が脚をかばう原因ではないかと思います。

 福の耳ダニについては、まだ治療中です。できれば暖かくなる前に駆除してしまいたいのですが…。というのも、冬の間はキャリーを寝床にしてくれるので、そのまんま病院に連れて行くことができるのですが、暖かくなってくるとそれが難しくなると予想がつくんです。ううむ。
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ