FC2ブログ

 先日、zabadakの「光降る朝」の歌詞を確認したくて、CD箱をひっくり返し、目当てのCDを探し出しました。歌詞カードを読むだけでも良かったのですが、どうせならと全曲かけることに。  …ん?  …あれ??  吉良さんの声って、こんなに良かったっけ!?  CD「光降る朝」には、表題曲である「光降る朝」が2回収録されています。CDの第1曲目として合唱曲、最終曲として吉良さんの独唱。初めて聞いた時は合唱曲の方が、先日聞いた時は独唱の方が好みに感じました。まろやかで、しみじみと感じるものがあります。どちらも好きなことに変わりはないのですが、天秤の傾きが逆になったもよう。  ひょいとCDケースをひっくり返して発売時期を確認すると、「1996年」。10年前か。まだ就職が見えてこなくて、内心しんどかった時期です。10年一昔と言いますから、自覚が無くても、私の方が変わったのでしょう。  もしも、眠っている音楽をお持ちでしたら、久しぶりに引っ張り出してみてはいかがでしょうか。きっと待ってますよ。
スポンサーサイト




 サイドバーに、「漫画家の犬」へのリンクを貼りました。これは漫画家柴田亜美さんの愛犬、茶壺のブログです。大好きなブログで、今、過去ログを必死に見てます。明日も普通に仕事なのに、こんな時間も起きてます。残りは今年8月だけ。

 先日、友人から色々な曲が詰まったMDを3枚もらい、面白いので連日かけ続けてます。私が家にいる間は、どれか1枚が必ずかかっている状態。気に入った物は、最初の高熱が冷めるまで延々と聞き続ける性分なので、このMDたちも今月いっぱいは、連日プレーヤーにかけられることでしょう。  この「最初の熱が冷めるまでは延々と…」の性分で、過去に哀しい目にあったことがあります。  大学生時代、ヘヴィメタル系が大好きな先輩に色々と面白いものを聞かせてもらっていました。その中でも私が特に気に入った物を、大学を卒業する時に餞別としてもらったのです。  カセットテープで。  連日、私はカセットテープを回し続けました。そして当然のように、数年後見事に伸びきったテープはデッキに絡まり昇天してしまった次第です……。この時にカセットテープを下さった先輩は既に院を終えて連絡がつかなくなっており、間抜けにも私は予備のテープを作っておらず、さらには曲名をキチンと控えていなかったため自力で探すことができなかったのです。  …泣き寝入りでした…。  しかし、この件については続きがありまして、今から数年前にかろうじて曲名と収録CDを覚えていたものを、ヤフーオークションで落札することができました。「THE ORGANIZATION/Metal Blade」がそれです。この中の「FREE BURNING」が好きで好きで(笑)。  後は演奏者と収録CDが分からない「剣の舞(原曲ハチャトゥリアン)」と「Over the Rainbow(原曲ハロルド・アーレン)」がどうになれば…。どっちかはイングウェイ・マルムスティンだったような気もするけれど、会話で出てきただけかなぁ(涙)。もう1度ネットに潜って探してみよう。

 住所変更のお知らせを兼ねて、小学校の恩師に暑中お見舞いを差し上げたら、返事が届きました。恩師は昨秋食道ガンの出術を受けたそうですが、その定期検診で今度は食道ガンが見つかり、近日中に入院されるとか。  私の担任をされていた頃で既にベテランだった方で、数年前の年賀状には定年退職して自由な活動をされていると書かれていました。その年賀状から伝わってきたのは、教育に携わる方ならではの真剣で活動的なご様子だけ。  そして、今回の暑中見舞い。 ~国と国、親と子、大人どうし、子どもどうし、  大人と子ども、自然と資本主義、熱い思いの夏。  おたがい、ばてないで~  一度はお見舞いに伺おうと思います。


211.png答えは、追記で。 ヒントは「薬局で買えます」。

2006-0814-1902.jpgもういっちょう!

2006-0814-1903.jpg福岡市にある水族館のマンボウです。

2006-0812-1754.jpg羽田空港第2ターミナルの天井。大きな建物に入ると、天井を仰ぎ見てしまいます。

2006-0812-1446.jpg天王洲アイル駅近く。天気予報、大当り。
08 11
2006

2006-0811-0614.jpg電話で始まった朝。有明佐賀空港からの眺めです。

 昨日、昼ご飯を食べたら凄くお腹にたまって苦しかったので、お休みする予定だった佐賀駅構内のジムに行きました。3時間弱ほど運動した後、駅に隣接している西友で買い物をしてから帰ろうと思ったら、お金が足りない。  ジムに車で通う場合、特定の駐車場を利用すれば2時間の無料券をもらえるのですが、昨日は買い物時間を含めて4時間近く駐車していたので、無料券だけでは足りません。ところが、買い物を終えた時点で財布の残金が100円ちょっと…。駐車場代にたりないので、車を出せません。 「あ、あれだ。土曜日におろした万札1枚を財布に入れ忘れたんだ」  原因が分かっても解決にはなりません。  仕方がないので、駅から自宅まで歩いて帰りました。ええ、ええ、歩いて帰りましたとも!ジムで3時間近く運動して足がはっている状態から、さらに歩きましたとも!!  そして土曜に用意していた万札を財布に入れて、駐車場に戻り、駐車場代1300円を支払って無事に出庫しました。 (自宅と佐賀駅は、タクシーで1000円未満の距離です)  やれやれ。

 炊飯器での料理って、けっこう本が出ているのですね。前から炊飯器で蒸しケーキが作れるというのは聞いていたのですが、煮物等も併せて本になっているとは知りませんでした。興味があったのでスープを作ってみたのですが、吹きこぼれる心配をしなくて良いのは気楽です。水がなくなってしまわないように、途中で蓋を開けて確認するだけでよいので手間はないです。 ○作ってみたスープ1  グリーンボール半分とベーコン3枚くらいをザクザク切って、炊飯器の内釜に入れる。コンソメ顆粒と水を加えて20分くらい煮込む。 ○作ってみたスープ2  もやしとしめじを1袋分と、適当に切ったベーコン3枚分くらいを炊飯器の内釜に入れる。コンソメ顆粒と水を加えて20分くらい煮込む。  両方とも味付けはコンソメ顆粒だけです。1を初めて作った時に塩を少し足したら、かなり塩辛くなりました。  そうそう炊飯器の内釜って洗いやすいから、後始末もちょっと楽です。
08 05
2006

「しゃばけ」畠中恵、新潮社 ~江戸有数の廻船問屋の一粒種・一太郎は、めっぽう身体が弱く外出もままならない。ところが目を盗んで出かけた夜に人殺しを目撃。(中略)若だんなの周囲は、なぜか犬神、白沢、鳴家など妖怪だらけなのだ。その矢先、犯人の刃が一太郎を襲う…。愉快で不思議な大江戸人情推理帖。日本ファンタジーノベル大賞優秀賞(カバー裏紹介文より抜粋)~  江戸を舞台の小説と思って、池波正太郎や峰隆一郎を思い浮かべて読むと、顔面から路上にこけるくらいの肩すかしをくらいます。紹介文にまで「日本ファンタジーノベル大賞優秀賞」と書いてある点と、主人公が数えで17才(現代なら15才くらい)という点をお忘れなきよう。  柴田ゆうさんの挿画がよく合っている、緩やかな雰囲気と少しの苦みを楽しめる昔話だと思います。 >浅野さん  ずいぶん前に教えていただいた「しゃばけ」をようやく読みました。鳴家が愛しいわ(大笑)。
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ