FC2ブログ

 語り尽くした壮行会。飲み屋を出た私たちは、すぐに気づいた。
「何か、えらくもやがかかってますね」
「…いや、これ違うやろ」
 明るい街灯に照らされている夜道に、白いもやのようなものが漂っている。それは一定の方向から流れてきており、私たちが壮行会を開いていた飲み屋から東側の路地が、その原因と知れた。
「これ、間違いない。火事や。昔、友達の家が火事になった時と、同じ匂いがする」
誰からとも分からず、私たちは火元と思われる方向へ歩き出した。近づくに連れ、同じく野次馬根性で集まってきた人達が増え、そして
「これ、本当に火事ですよ。温かい空気が流れてきてます」
「あ、サイレンが聞こえ始めた」
熱気が風に乗ってくるほど近づいて、初めてその光景が見えた。

 繁華街の路地。大人2人が両腕を広げられないほどの狭い道を挟み、両側に飲み屋や並んでいる。その中の1つ、1階がスナックで2階が住居といった風情の建物が火を噴いていた。1階はシャッターが降りていたが、2階の窓ガラスは既に壊れており、そこから橙色とも黄色ともつかない炎が舌を激しく伸ばす。炎は窓枠を舐めつくし、外へ外へとうねる。
「電線を伝って火が燃え移ることもある」
「裏側の建物に炎が映っとおやん。あっちも危ないな」
 そんな周囲の声を冷静に拾いながら、私の胸の内に何とも表現のしようがないものが溢れてきた。

 ぱんっ! ぱんっ!

 何かの炸裂音が立て続けに聞こえた時、それは言葉となって口からこぼれ出た。
「怖い」
「もう離れましょう。本当に怖い」
上司と同僚をせかし、私は消防車が到着した路地から出ていった。
 少し離れた所で火事の様子をうかがっていたが、私の両手は胸の位置で握り合わされたまま、解かれることはなかった。それが微かにふるえていたことも自覚していた。
 本能的な恐怖というものを、数年ぶりに私は味わっていた…。

=====
 3月26日22時過ぎ、佐賀の繁華街で火事がありました。偶然にも近くで飲み会をしていたので、生まれて初めて火事場というものを見てしまった次第です。…あれは怖い。炎が燃える様は確かに美しいけれど、そんな理性とは別の所で、生き物としての根っこが怖さで震えました。怖かったなあ。けが人が出ていなければ良いのですが。
スポンサーサイト




「黒後家蜘蛛の会」アイザック・アシモフ、創元推理文庫

 「黒後家蜘蛛の会」の会員-化学者、数学者、弁護士、画家、作家、暗号専門家の6人は、毎月一回晩餐会を開いて、四方山話に花を咲かせていた。が、いったん話がミステリじみてくろと会はにわかに活況を呈し、会員各自が素人探偵ぶりを発揮する!だが、毎回毎回真相を言い当てるのは、給仕のヘンリーだった!
(裏表紙紹介文より抜粋)

 アシモフはロボット三原則で有名なSF作家ですが、推理小説も何作か書いています。「黒後家蜘蛛の会」は話の題材が様々な分野(化学だったり古書収集だったり)から取られてきているためか、お菓子の詰め合わせのように楽しい短編集です。通勤通学のお供によろしいかと。
 日記を書く前にWikipediaを覗いて知ったのですが、アシモフの没年は1992年なんですね。つい最近だったのでびっくりしました。何となく、もっと昔に亡くなられたように思いこんでました。大御所作家の場合、そういう錯覚ありませんか?

薔薇。

 以前のブログから過去ログを全部持ってきました。簡単にログの引っ越しができることに気づいたのが、ついさっきだったんですよ(苦笑)。大きな引っ越しの時期に書いた日記があるので、できれば残しておきたかったので、こちらに引っ越しできて嬉しいです。

 昨年末から今年にかけて、とうとう冬らしい冬は来ずに春が来てしまいました。ここ数日私が住む佐賀市は冷え込んでいますが、これはいわゆる「寒の戻り」で、春の報せ以外の何物でもなく…。そのためか、今が盛りのはずのユキヤナギも枯れ始めてしまってるのが、何とも寂しいです。
 ああ、本当に春が来てしまいました。そして春が来たならば、春が終わる時期も近づいているのです。そして、春が終われば……夏が来る~(号泣)。高温多湿の夏が来る~~。私が苦手な夏が来る~~~。年々、夏の最高気温が上がり、その期間も長くなっているのが辛いです。
 春(極短)→夏(最長)→秋(極短)→冬(あるかなきか)…辛いわぁ…。

テスト

テスト

「Xの悲劇」「Yの悲劇」「Zの悲劇」「レーン最後の事件」
エラリー・クイーン著、創元推理文庫

 「X」「Y」「Z」の三大悲劇の最後を飾る本編をもって、エラリー・クイーン不朽の四部作は完結する。引退したサム警部とその娘ペーシェンスの事務所に奇妙な依頼人が現われる。事件はシェークスピアの初本版にからまるもので、真相が究明されれば世界文学史の定説をくつがえすかもしれぬような大問題を秘めている。サムの要請によってシェークスピア劇の名優で書誌学者のレーンが出馬する。レーンの輝かしい探偵経歴の最後となった犯罪学史上前例のない大事件!
(「レーン最後の事件」扉より抜粋)

 「Yの悲劇」は子ども向けに訳されるほど有名なので、単品として読まれた方も多いかと思います。あの小説が面白かったのなら、他の3作も読まれることをお勧めしたいです。「X」「Y」→「Z」→「最後の事件」と進めば、「最後の事件」をより味わえるかと…。

=メールのやりとりをしている皆さんへ=

 今日から半月ほどかけて、アドレス変更の連絡をメールで送っていきます。古いメールは、4月いっぱいで使えなくなりますので、もしも連絡を受け取り損ねた場合は、ブログかmixiでお知らせ下さい。


「顔のない男~ピーター卿の事件簿2~」ドロシー・セイヤーズ、創元推理文庫

 英国黄金時代の担ったミステリの女王セイヤーズ。本書は、特異な動機の究明が深い余韻を残す表題作、不思議な遺言の謎を解くウィット満点の「因業じじいの遺言」(中略)、待望のオリジナル短編集第二弾。
(裏表紙紹介文より抜粋)

 私が一番楽しかったのは「因業じじいの遺言」。題名通り、因業じじいが遺した遺言を巡る掌編。以下、ちょろと抜粋。ネタバレにはなりませんので、安心して読んでください。

「(前略)これは我が輩の持論だが、女というものはもともと軽薄な存在であって、才女を気取るのは時間の無駄であり、容貌を損なう原因の一つである。つまり、おまえも、あきれるほどの時間を無駄にしてきたわけだ。
(中略)
 では、せいぜい軽薄さに磨きをかけて、立派な相続人になってくれ」
(本文68ページより抜粋)

 こんのクソじじいっ(大笑)!!
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ