FC2ブログ

噴水
スポンサーサイト




>メモリ増設
 デスクトップパソコンのメモリを増設しました。起動にかかる時間がグッと短くなり、ブラウザとメーラーを同時に使う際も、以前より動作がかなり軽くなりました。
 ま、256MBを1GBに増設して変化がなかったら、さすがに涙が出ますが。

>洗濯機の掃除
 粉石けんを使っているので、洗濯槽に石けんかすが付くのが気になっていました。そこで、何冊か本を読んで情報を仕入れ、酢を使って洗濯機を掃除してみました。洗濯槽に高水位まで水を入れ、適量の酢を加えて一晩放置。その後脱水して、さらに浴槽を洗うスポンジで洗濯槽をこするという方法です。
 これで、見事に洗濯槽の石けんかすはとれました。匂いも全然気になりません。ただ、洗った直後はどうしてもカスが残っているので、二日間だけ、洗濯物は全てネットに入れて洗いました。

入道雲

ガラスの金魚。

 生まれて初めての人間ドックを体験してきました。それも1泊2日。検査は色々とありましたが、印象に残っているものをご紹介します。

 ○痛かった検査
 まずマンモグラフィーは乳房を2枚の板で挟んで行うレントゲン撮影です。乳ガンを見つける検査の1つなのですが、「挟む」だけあって痛いです。できるだけ多くの部分を撮影するため乳房を引っ張るようにして板に載せるのが痛い、上からきっちり押さえつけるのが痛い。技師の人も「すいません、すいません」と言いながらの検査でした。
 後で同じ検査を受けた方に感想を聞いてみましたら、全員揃って「あれは痛い」。技術の進歩が待たれます。
 あ、乳ガン検査としては、他に触診と血液検査がありました。ついでにいうと、触診も乳腺とガンの違いを確認するために乳房をつねられるので、やっぱり痛いです。それでもマンモグラフィーの方が圧倒的に痛かったですが…。 

○痛かった検査2
 膣内の検査。…痛かったです…。ただこの検査、人によってかなり痛みの感じ具合が違うようです。 マンモグラフィーもこの検査も、大事な検査なので来年も受けようとは思うのですが、ちょっと腰が引けます(涙)。

 ○しんどかった検査
 バリウム飲んでの胃の撮影。これは経験者が多いと思いますが、発泡剤を飲んだ後にゲップを堪えることと、バリウムを飲むのがしんどいです。撮影台の上でくるくる体勢を変えるのは、割と楽しいんですが。 

○楽しかった検査
 誰に言っても「何でわざわざ受けるの?」と聞かれた頭部MRI。これ面白かったです。狭い筒状の機械に入るので、狭いところが大の苦手という方には嫌な検査かと思います。ついでに仰向けに検査台に横になると頭を固定され、技師の話を聞くためのヘッドジョンをつけられ、10分くらい身動きできません。ぷちきんばく。
 不可思議な機械に突っ込まれ、目に見えないものにより体を探られるという、ちょっと面白い体験でした。もちろん一番面白かったのは、自分の切断写真。 そうそう、機械の作動音がかなりうるさいのですが、私は眠くなりました(笑)。

 ブラウザをIEからOpera、メーラーをOEからThunderbirdへ変更しました。  タブ機能があるブラウザに以前から興味があったので、試しに導入してみました。タブ機能、確かに窓を沢山開く人には便利です。ただ、意外にIEと画面表示が変わるサイトが多くてびっくりしてます。  Thunderbirdは職場で使われているメーラーで、OEよりもフィルタの設定がしやすくて気に入ってましたので、自宅でも使うことに。こちらは快適。

売ってる佐世保バーガー。
08 18
2007

「僧正殺人事件」ヴァン・ダイン、創元推理文庫

 コック・ロビンを殺したのはたあれ?「わたしだわ」って雀はいった。-マザーグースの童謡につれて、その歌詞どおりに怪奇残虐をきわめた連続殺人劇が発生する。(中略)「グリーン家殺人事件」と比肩される本格派の巨編。(裏表紙紹介文より抜粋)

 「釈然としねえぇ」というのが読後の第一声でした。私は謎解きに熱中する方ではないので、推理小説を読み終えて釈然としないのは割と珍しいです。面白かったのですが、釈然としない…。
 童謡にからめた見立て殺人を扱う推理小説は大好きで、この本も真犯人が明確になるちょっと手前まで凄く楽しかったのです。動機も、個々の殺害方法も特にしこりは残らなかったので、何が腑に落ちないのかとちょっと考えてみます。
(実は要因の1つは分かっているんです。しかし、それを書き出して他作品と比べると、2つの作品のネタバレになってしまうので、ここには書けません。推理小説のネタバレなんて、私は絶対に認めない。)

 実家に帰って、祖父母を含め先祖を見送ってきました。
 数ヶ月ぶりに実家に帰ったら、色々と驚くことがありました。

1.実家のメーラーがぱぁになっていた
 以前に登録したはずのアカウントが「なかった」ことになってました。すぐに登録し直しましたが、我が父は何をやったんでしょう。復活した途端に58通もメールを受信しましたよ。

2.母方の伯母がガンらしい。
 確定すれば、両親それぞれの決闘にガン患者が出ることになります。

3.私の小学生時代の恩師が、私の母校で講演していた。
 昨年の暑中見舞いでガンと分かった恩師が、今年の6月に小学校で平和授業の講師をしたそうです。会場は私が卒業した小学校で、今は姪と甥が通っています。思わず中島みゆきの「時代」が脳裏を流れました。ちなみに平和授業が6月なのは、その月に福岡大空襲があったから。

4.「人形供養のできる所を探して」
 母から、妹と私が子供時代に遊んだ人形達をきちんと始末したいので、人形供養ができる所を探して欲しいと頼まれました。先日から自分の家にいる人形たちの話をしていたので、凄く驚きました。

5.実家に本が!
 実家に、まだ私の本が残っているという衝撃の事実が!…ひいぃ…。

6.私の家族は猫嫌い!
 母の猫嫌いは昔から知ってましたが、今日、父と妹も嫌いだと知りました。私以外の家族が皆嫌いだったとは、これまでの人生で初耳ですよ!姪と甥は好きなようで、私が飼い始めたら遊びに来ると言っています。
08 15
2007

 「写真を見る」をクリックすると、ガラスの瞳を持った人形の写真が出てきます。苦手な方は、決してクリックされませんよう。


大川の写真。

 我が家には大小様々な人形が30体ほどいます(…あらためてこの数字を見て、自分でびっくりしました)。私にとって本はとても捨てにくい物ですが、それに輪をかけて捨てられないのが、人形やぬいぐるみ。物心ついて以来、自分で人形やぬいぐるみを捨てた覚えがないくらいです。
 以前どこかで読んだのですが、人形やぬぐるみを捨てようと思ったら、全身をばらばらにして「何かの形を模したモノ」からただの「物体」にしてから捨てるのが良いというのです。ぬいぐるみなら、手足等を全てばらして中身の綿を抜き、外側の皮もただの布切れになるまで刻んでから捨てる…ということ。この話は怪談話の中で出てきたのですが、心情的にも良いかと思います。人形やぬいぐるみって情が移りやすいので、本当に捨てるならそこまでやる方が後々のためかと。
 続きは友人への私信。


「フェルマーの最終定理」サイモン・シン、新潮文庫  17世紀、ひとりの数学者が謎に満ちた言葉を残した。「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」(中略)3世紀に及ぶ数学者たちの苦闘を描く、感動の数学ノンフィクション!(裏表紙紹介文より抜粋)

  この本、是非とも高校生にそれも1年生に読んで欲しい!面白いんだよ、面白いんだよ、科学って面白いんだよ~!!利益を生みにくい学問分野は金の問題がつきまといますが、それでも面白いものは面白い!

 著者のサイモン・シンさんは、この本が作家としての初作品だとか。信じがたいですが、今後のご活躍が楽しみです。

こんな感じ。

 実はこの本棚、昨年秋頃に購入していたのです。それ以来、何だかんだでほったらかしにしていたのですが、どうにも本が片づかないので、一念発起して組み立てました。幅150cm高さ200cmの大型本棚です。
 この写真を撮ってから2時間くらい本を整理していたのですが、何とか床の本が無くなった状態で約7割埋まってます。漫画は読まなくなってきたら古本屋に持っていくこともあるのですが、文庫本はなかなか手放さないので、溜まる一方。
 心が冷えるのは、床に転がってはいないけれど、千葉から佐賀に引っ越してきて以来、一度もダンボールから出されていない本がまだまだあるということ…。次の引っ越し先で本腰入れて考えます。



 我が家の、ぬいぐるみたち。 
 10時くらいから14時くらいまでかけて、このぬいぐるみたちの汚れを落としてました。
 左端の大きなプーさんの足下に小さな白いぬいぐるみが2つありますが、その左側は、30年近く昔の物です。どういう経緯で私の手元に来たのかは、すっかり忘れてしまいました。毛が抜けて、中に仕込まれているプラスチックが今にも覗きそうですが、何となく捨てられません。



数年ぶりの花火。
08 05
2007

「暗号解読(上・下)」サイモン・シン、新潮文庫

 文字を入れ換える。表を使う。古代ギリシャの昔から、人は秘密を守るため暗号を考案してはそれを破ってきた。密書を解読され処刑された女王。莫大な宝をいまも守る謎の暗号文。(中略)知的興奮に満ちた、天才たちのドラマ!(裏表紙紹介文)

 この本の面白さは、訳者あとがきに示されると思います。以下、一部抜粋。

 しかしシンの才能は、高度な内容をわかりやすく説き明かすだけにとどまらない。より素晴らしいのは「そこに感動がある」ことだ。暗号の歴史を描くにはいろいろなアプローチがありうるだろう。軍事にフォーカスすることも、数学にフォーカスすることもできよう。しかしサイモン・シンは、人間の営みということにぴたりと焦点を合わせた。(中略)血なまぐさい謀略や裏切りの連続であるはずの暗号の歴史が、卑小も偉大もひっくるめた愛すべき人間の営みとして浮かび上がってくるのである。(訳者あとがき321ページより一部抜粋)

 …愛すべきかどうか分かりませんが、ガッチガチの研究論文ではなく、「暗号」をとりまく人々のお話だということは間違いないと思います。アラン・チューリングの最期など、なんともやりきれません…。

 阿久悠さんが亡くなられたと知った時、正直に言うと「ああ、亡くなられたか。もうお年だったろうし」くらいのことしか思いませんでした。が、しかし。この方が作詞された曲の中に、ある曲名を見つけてひっくり返りました。
 お疲れさまでした、阿久さん。
 ありがとうございました、阿久さん。
 「宇宙戦艦ヤマト」を遺して下さって、ありがとうございました!

 私の音楽の好みに大きな影響を与えたのが、ささきいさおさんが歌う「宇宙戦艦ヤマト」なのです。小学生の頃、あの歌と声に「かっこいい!」と有頂天になった私の耳には、当時の男性アイドル歌手が歌う歌はどれもこれもつまらないものになりました(女性アイドルの歌は好きなのも多かったんですけれど)。
 ちなみに、アニメ主題歌を除いて、思い出せる限り昔に好きになった男性が歌う歌謡曲は「メリーアン(THE ALFEE、高見沢俊彦、高橋研)」。その次は「蝋人形の館(聖飢魔?、ダミアン浜田)」。あ、思い出したマイケル・ジャクソンの「スリラー」!何だ。有名どころも聞いていたんだ、自分。

 午前7時、佐賀市はまだ雨降ってます。12時間くらい降り続いていることになるんでしょうか。

 全国ニュースで佐賀総体の映像が流れているのでご存じかと思いますが…(選手に怪我が無かったのがせめての救いです)。台風5号(ウサギ)、暴風圏内の端っこでもかなり強い風が吹きます。進路上の方、くれぐれもご注意下さい。今日は早めにお風呂に入って、万が一停電しても良いようにしようと思います。
 台風のはじっこ、佐賀市からでした。
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ