FC2ブログ

 くたびれている時には、できるだけきれいなものを見るようにしています。そろそろ終わりそうな紅葉、秋晴れの空、町の灯り、人形たち等々。
スポンサーサイト



11 23
2007

 防音カーペットが届いたのは良いが、引っ越しまでどこに置いておけばよいのか分からず首を傾げていたら、朱里がすごく綺麗だったので写真を撮りました。
 これぞ親バカ、おーなーばか。

 「親バカ」をクリックすると、ガラスの目をした人形の写真が出ますので、苦手な方はクリックされませんよう。


 人間のための準備もしてるので、メモ。

>ベッド
 資金が厳しいので、昨年に引き続き今回も見送ろうかと思ってましたが、近場のニトリ(ホームセンター)で希望を満たすベットを見つけたので購入。引っ越しの翌日に配達予定。
 ちなみにベットの条件は「腰掛けて足を床につけた時、膝が直角に近いこと」「すのこ床であること」「足下に引き出しがついているか、収納用品を入れられる空間があること」です。とくに高さが腰痛持ちには大問題で、床上20cmくらいだと本当に辛い時は立ち上がれません。あの高さのベットを買うくらいなら、這い回れる布団の方がずっと良いです。

>レンジの湯たんぽ
 数年前から出回っているレンジで温める湯たんぽに、室内履きのような作りのものを見つけたので購入。新居には当面暖房器具がないので、夜はこれが必要になるかと。今も使ってます。

>室内干しの場所
 マンションの1階に住んでいる期間が長いので、洗濯物を部屋に干す習慣が身に付いてます。そのため結構立派な室内物干し台を持っているのですが、猫が来ると決まった時点で物干し台を何処に置くかが問題になりました。洗濯物を猫たちにおもちゃにされるのは、さすがに困ってしまうので。
 間取り図を睨んで検討した結果、浴室・洗面所・台所が扉を開けることで一直線につながることに気づき、洗面所を物干し場所にして、浴室と台所の換気扇で湿気に対応することに決めました。

>本棚
 150cm×200cm×15cmが2台、150cm×180cm×15cmが1台、75cm×170cm×22cmが1台、これらに加えてほぼ本専用の3段ボックスが4つあれば間に合うはずだ。…間に合ってくれ。ほんと。
 ちなみに本の部屋は、猫も入れるようにするつもりです。本棚に入っている本をおもちゃにされた例は見つからなかったので。もしそんなことになったら、速攻で立入禁止じゃ(←扉つきの本棚が嫌い)。

>捨てなくて良かった
 佐賀に引っ越して来て以来、ほとんど鳴らない備え付け電話専用の台になっていたパソコン台を捨てようかと思っていたら、テレビとDVDレコーダー等を置く台にちょうどよいことに気付いたので、そのまま流用決定。
 フローリング住まいでほとんど不要になっていた掃除機は、猫たちが来るので必須家電に昇格。
 以前は大活躍していたブリタのポット型浄水器。今は蛇口に浄水器を取り付けてしまったので無用となってましたが、新居では浄水器がつけられないことが判明したため、復職決定。

 人間の引っ越し準備はしとらんのかといった風情を醸し出してます。

>キャットフード
 預かり主さんから現在食べているキャットフードを教えてもらったので、本日購入。

>猫砂
 これも現在使っているものを教えてもらったので、購入済み。

>キャリー
 これも2つ注文済み。届くのを待つだけ。

>立入禁止区域
 間取り図とにらめっこしながら検討し、寝室・浴室・洗面所・トイレ・台所を「猫立入禁止」とすることに決定。まあ、長く暮らしていけば変更するところもあるかも知れませんが…。寝室だけは猫が入らないようにしないと、SDとぬいぐるみたちの居場所がなくなってしまうのに加え、私の喉のために必須。

急に冷え込んできましたね。

部屋から玄関をのぞむ。

>内ドア
 猫と室内で暮らす際に大変心配なことは、玄関または窓からたたーっと走り出てしまうことです。私の新しい住まいは9階なので、どこから部屋の外へ出ても、地上へ落下する危険が非常に高いのです。何より、ペット可マンションであっても動物が苦手な人はたくさんいるでしょうから、そういった人をとても困らせます。だから、必ず何らかの対策をたてなくてはなりません。

 私が考えている対策案の1つは、下の図。
071117.jpg









参考サイト:Diy-Life

 図が小さくて分かりづらいと思いますが、イレクターというパイプと連結金具をつかって、上記のような扉を作ろうと考えているんです。扉の面は、ホームセンターで売られているメッシュパネルなり金網を扉枠に固定。およそ幅1m×高さ2mの大きさですので、猫の体重でも倒される心配は少ないのではないかと思います。
 ただ、きちんとした大きさに作れるかどうかが心配です。猫は頭さえ通れば大半のすき間を通り抜けられると聞くので、廊下をふさぐように作るのが重要になります。突っ張り棒と、メッシュパネルで作る方がよっぽど楽と分かっているのですが、どうも上手く機能するか自信が持てなくて…。


>階下への防音・防振
 大雑把ながらも情報を集めた結果、マンションで階下への音および振動を完全に防ぐことは不可能と分かりました。それならそれで、できる限りの対策はしなくてはならないので、色々と探した結果、下記のサイトで「静床ライト」と「遮音マット」を購入することにしました。私はビリーズブートキャンプとターボジャムを行うので、その対策も兼ねてます。
 一番広い洋間、本の部屋(狭い洋間)、および廊下に敷き詰めますので、約10万円かかります。…うふふ…。
参考サイト:ぴあリビング

>猫トイレ
 「リッチェル コロル ネコトイレF60フード付」のアイボリーというものを2個買いました。猫のトイレは「猫の頭数+1」が最適と言われているのですが、1つのトイレを仲良く共有できる猫たちなので、とりあえず2個。出入り口が床から高い位置にあるので、漫画雑誌で踏み台を作る予定です。

>キャットタワー
 「キャティースクラッチスリム ツインタワー」というのを1台買いました。これは購入するつもりが無かったのですが、黒猫君がふすまの縁をガリガリと爪を立ててよじ登る現場を見てしまったので、上下運動ができるものが何かないとまずいなと察し、急遽購入決定。ちょっと下肢が弱い三毛さんが使えるかどうかが心配の種です。

>首輪
 室内飼いなのですが、万が一を考えて2つ購入。連絡先が書けるものです。問題は、首輪をしてくれるかどうかです…。買ったのは成猫用デイリー首輪の「踊るabc」、紺を三毛さんに、赤を黒猫君にあげます。
参考サイト:56nyan

○購入必須メモ
猫砂、キャリー、キャットフード

○購入検討メモ
ワンニャン快適HOTマット(暖房器具がまったくないため。それとも、私が20年近く使用しているアクリル毛布で済ますか否か)、食器(あまり使わない皿を猫たちにあげるか否か)

 10月27日の日記に「よほどのご縁がなければ猫を迎えられるのは次の初夏になりそうです」と書きましたが、その「よほどのご縁」がありました。飼い主さんの健康上の理由で、急遽里親を捜していた2匹の猫を迎えることとなりました。といっても私の引っ越しは12月半ばなので、実際に猫たちと暮らすようになるのはまだ1ヶ月以上後のことです。楽しみだなあ。

 今日は、里親が見つかるまでの間猫たちを預かっていらっしゃる方の所へ、お見合いに行って来ました。2匹は雄の黒猫と雌の三毛で、どちらもとても綺麗で可愛かったです。
 黒猫君は好奇心旺盛らしく、初対面である里親探しのボランティアの方の匂いをひたすらクンクンやり、ちょっと慣れてきたら元気にじゃれかかっていました。三毛さんは黒猫君に比べれば人見知りらしく、すすっと寝床に戻ってしまったので、今日はちょっとしか顔を見られませんでした。
 2匹とも生後半年くらいで、長い尻尾を持ってます。黒猫君はほぼ全身真っ黒ですが、耳の内側、目元、それにお腹に白い毛が混ざっています。三毛さんは顔がキレイに三色に分かれています。この2匹、毛色は全く違いますが、顔立ちは似ていました。推理小説好きとしては思い浮かぶ名前もありますが、これからゆっくり検討しようかと。

 ところで、猫って本当にキレイにトイレを使うんですね!私がお邪魔している間に2匹ともトイレを使ったのですが、どちらもキチンと砂をかけて後始末してました。しかも、1つのトイレを2匹で交互に使ってケンカもしないとのこと。しかも最初の飼い主さんが室内猫として育てていらしたためか外に出たがらないと聞き、9階に住むことになる私としては、本当に安心しました。
 とりあえず、最低限必要な物を揃えるところからはじめようと思います。
 あ、アレルギーについては現在は問題ないと分かりましたので、ご安心を。

○買い物メモ
トイレ、砂、食器、キャリー


久しぶりの天神。写真はアクロス福岡。

履歴じゃない。
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ