FC2ブログ
01 30
2005

「楽器」 ダイヤグラムグループ編、皆川達夫監修、マール社刊  楽器の本です。それも一種類の物を詳しく調べたものではなく、色々な地域の様々な楽器を取り上げ、目で見て楽しく読んで面白い内容となってます。  この本、見所読み所は色々ありますが、私がふむふむと思うのが、楽器に対して、それを演奏している人の挿絵が載っていることです(一部ですが)。同じような形の楽器でも、大きさや演奏方法まで同じとは限らない。そういう情報は、やはり絵または写真で見るのが一番分かりやすいです。  楽器が出てくる小説を読まれる方、ちょっと手にとってみませんか?玄人にはどうだか分かりませんが、音楽の素人には十分「知る楽しさ」を味わわせてくれると思います。
AUTHOR: ルーシャとクオレ IP: 221.187.200.246 DATE: 01/31/2005 20:35:21 楽器、最近は特に、弦楽器(ヴァイオリン)に 興味があって、あちらこちらを齧っています。 この本も、覗かせてもらおうかな?
スポンサーサイト



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ