FC2ブログ
02 14
2005


2005021497d214f2.png「魍魎の匣(京極夏彦、講談社)」  読んだのは新書版ではなく文庫版です。話は好きなのですが、読み終えるまでにどうにもならない苦労が。ぶ厚い!何という厚みですか、この本!  携帯に便利な文庫本のはずなのに、鞄に入れて持ち歩くだけでひどく痛む!合皮製のブックカバーに入らないので書店でくれる紙製のものに包んで鞄に入れていたのですが、本のあちこちが汚れる、折れる。読み癖もつきやすくて、何ともかんとも。せめて上下、願わくば前中後に分けて欲しい。  このシリーズ、全部こういった分厚い装丁になっているのですが、誰の要望が通っているんでしょうね(涙)。
AUTHOR: say_say_say/ IP: 222.8.118.227 DATE: 02/14/2005 23:14:31 作者本人の要望と思われます。 だって京極さん、全部DTPで下版作った上で持ち込むらしいし。 ページの最後で文章が終わる、ようにしてるようですよ? 逆に「なんでわざわざ分冊にするの?」ってのが「ローマ人の物語」ですけど。 これも理由があるそうで。
スポンサーサイト



コメント

 作者ですか、あのぶ厚さを求めてるのは(涙)。通勤通学途中で本を読むクセがついている人間にとっては、なかなか辛いです。
 「へんな生き物」はあのコメントに笑える人には、ぜひともお勧めしたい本です。
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ