FC2ブログ
05 05
2006

箱のなかの海(樹川さとみ、集英社) ~独身で建築家の、ちょっと風変わりなおじ-カズおじさんが、ある日、黒くて不格好なラジオをくれた。大きなダイヤルと立派なアンテナがついた年代物のやつだ。すっかり夢中になってダイヤルをいじっていると……不思議な物語が聞こえはじめたんだ。~カバー折り返し紹介文より抜粋  既に絶版です。しゅうえいしゃーっ、何で「箱のなかの海」が絶版なのにアレがまだ印刷されとんのじゃーっ!(アレには適当な小説を入れてください(苦笑))。  この「箱のなかの海」は集英社コバルト文庫から出たのですが、絵本と思って読むことをお勧めします。あらすじは紹介文のとおり。樹川さんのどこかとぼけた語りと、久下じゅんこさんの繊細な装丁が絶妙です。深夜ラジオを愛した人ならば、ふと懐かしくなるのではないでしょうか。  ちなみに私は「箱のなかの海」は持ってません。図書館から借りて読んでます。古本屋で見つけたら、必ず買おうと心に誓っている本です。
AUTHOR: ルーシャとクオレ EMAIL: russhya_cuore@k8.dion.ne.jp URL: http://blogs.dion.ne.jp/russhya__cuore IP: 125.28.154.198 DATE: 05/06/2006 07:42:57 読んでみたくなりましたので、同じように、図書館で探してみます。
スポンサーサイト



コメント

 お返事遅くなりましてすいません(焦)!
 「箱のなかの海」はお暇があったら、是非読んでみてください!深夜ラジオと同じように、寝る前にお話1つを読むのもいいかも知れません。良い夢見られそうです。
 久下さんのイラスト素敵ですよね。他にも挿絵をされている本は多いですが、私が好きなお話は「箱のなかの海」だけなのが残念ですが(苦笑)。
 「楽園の魔女たち」は思い入れが深すぎて、何ともかんとも。もしも外伝が出るのなら、彼女らがまだひよっこだった頃のお話が読んでみたいですね。支部長さん登場切望!
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ