FC2ブログ

sts6246g

日本への密航ブローカー摘発=高速漁船で往復―韓国(時事通信) - Yahoo!ニュース https://t.co/475b5MlqMC #Yahooニュース 何しに日本へ来たがるんだろう?
11-30 22:31

RT @KAG_kageloid: 源氏物語の英語版注釈書の威力がヤバイ。題名訳が"テイル・オブ・ゲンジ"でフフッてなったのに朱雀帝が"スザク・エンペラー"でダメージは更に加速、明石の君が"アカシ・レディ"というのもクるものがある。極め付きに"シャイニング・ゲンジ"。もうダメ。…
11-30 20:33

RT @itoi_shigesato: この文章の一言一句が、どれだけ丁寧な思考の積み重ねに支えられていることか。|被災地を搾取し被害を拡大してきた「フクシマ神話」――ニセ科学とデマの検証に向けて林智裕 / フリーランスライターhttps://t.co/F76DMkdHzz
11-30 18:57

RT @mishiki: この20年の大きな変化は間違いなくネット化、スマホ化、アラン・ケイ的なダイナブックの実現であり、それはつまるところ、「メディアの主観化」なのであろう。NHKすら情感タップリ化するのは、「バカに合わせてる」のではなく、作り手のメディア意識の主観化の反映な…
11-30 16:24

RT @mishiki: カメラは、この20年であまりにも普通の機械となり、単純にかつ冷徹に記録していく、神の目のような存在としての地位を完全に喪失したのではないか。誰もが今いる世界を切り取り、自身の妄想を投影できるありふれた道具、延長された身体、欲望の延長線上にある極めて主観…
11-30 16:24

RT @mishiki: 旧・映像の世紀は、「感情のないカメラの目」だった。それを情感たっぷりの音楽でつないで、映像自体は硬質で冷たく厳然としているのに感情を揺さぶることに成功した。新・映像の世紀は、「感情を持つ人間の目線を記録したカメラ」でナレーションもそれを押してる。過去と…
11-30 16:24

RT @ohnuki_tsuyoshi: 妖怪たちが待ってるイメージもアリだと思うが、僕は歩兵銃と一升瓶持った戦友たちがわらわらと迎えに来てるところの方がしっくりくるな。
11-30 15:11

RT @3kono_rei: ブッダ「えっ!?水木先生が極楽に!?嘘でしょ!?えっ梵天さんなにいってるんですか!?悟アナの単行本の帯水木先生に任せるってそんな恐れ多いことできませんよ!!!!」
11-30 14:59

RT @yolozyaTOM: (。-`ω´-) 水木しげる先生の場合は妖怪に代表される暖かい話もあるが…赤紙一枚で招集され、実際に激戦地から生還された上に、その陰惨で稀少な経験を、希有の表現力で後生に遺す事ができる、数少ない“リアル出征経験作家”のおひとりがまた日本から失わ…
11-30 14:33

RT @gugitter: (つづき)担当が水木しげる先生に聞いたら、「そういうことは、妖怪の仕事してるとよくあるよ」とサラッと言っていたそうで、スタッフみんなでお祓いに行った思い出があります。水木しげる先生、ご冥福をお祈りします。素晴らしい作品をたくさんありがとうござい…
11-30 13:35

RT @gugitter: 90年代中頃に、水木しげるさんの妖怪カレンダーのデザインをした時に、小さい妖怪がいろんなところにいるデザインだったのですが、その頃はまだ版下時代で、色校正が出たら、誰もデザインしていないところに座敷童子が刷られていて、印刷の製版の人もなぜかわからない…
11-30 13:35

RT @Aki777343: やはり鳥取出身なので鳥取の山間が狙い目だと真面目に考察するぞ僕は
11-30 13:09

RT @Aki777343: なんか居そうじゃん。普通に漫画書く妖怪の水木先生。締め切りないから気長に書いちゃってるのよ、んで出会った人しか読めないの。
11-30 13:09

RT @Aki777343: まあ、どっかの山間で楽しい妖怪ライフを過ごされるように祈ってます。
11-30 13:09

水木しげる氏が亡くなられたとのこと。お疲れ様でした。あちこちから声をかけられそうですが、彼岸へ行かれるまで、あまり寄り道なさいませんよう。
11-30 13:09

RT @houdoukyoku: 水木しげるさん死去https://t.co/6aupwNN7PG#ホウドウキョク #速報 #ゲゲゲの鬼太郎 #漫画家 https://t.co/oP2SU8BGQi
11-30 13:06

グラフを変えて見る「過去最高の防衛費」(dragoner) - Y!ニュース https://t.co/yxMQzWiUsG
11-30 12:25

スポンサーサイト



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ