FC2ブログ

sts6246g

https://t.co/pA32nNAuTP もういっちょ。佐賀県立博物館・美術館の近くに、佐賀大学美術館もあります。こっちは小さな美術館ですが、佐賀にゆかりの作家をとりあげたりと、面白い企画があります。今は佐大の先生の作品が展示中。「ある日」という蝋染めがステキだった。
05-03 19:23

大作と連作―出色の書画―|佐賀県立美術館 https://t.co/kx4b4pkt4Z 驚いたのが副島種臣の額と屏風。書に通じてる御仁だったとは全く知らなかったので、説明文をまじまじと見てしまった。
05-03 19:20

大作と連作―出色の書画―|佐賀県立美術館 https://t.co/kx4b4pkt4Z 印象に残ったのは長沢芦雪の唐獅子図屏風。たてがみが渦を巻いているような典型的な唐獅子とは違い、かといって写実的かと言われればそうでもない。不思議な雰囲気の獅子が、豪放な筆遣いで描かれてる。
05-03 19:17

大作と連作―出色の書画―|佐賀県立美術館 https://t.co/kx4b4pkt4Z もう一つ。同じく5月8日(日)までの、こちらも迫力だった。どれも大きな作品で、縦にも横にもでかいものばかり。
05-03 19:13

片岡鶴太郎展 還暦紅|佐賀県立美術館 https://t.co/ZnrCsAOb9L あんまり凄かったら、明日、両親と一緒にもう一度見に行くことにした。佐賀市近郊の方、本当に見応えがある展示ばかりなので、お勧めですよ!
05-03 19:10

片岡鶴太郎展 還暦紅|佐賀県立美術館 https://t.co/ZnrCsAOb9L 迫力があったのは、千年椿。縦3.5m、横1mの絵。みっしりと赤い花をつけた椿の巨木。展示室の端からじっと眺めてたのだけど、重さすら感じるような絵だった。
05-03 19:08

片岡鶴太郎展 還暦紅|佐賀県立美術館 https://t.co/ZnrCsAOb9L 印象的だったのは、ゴリラ。墨の濃淡で書かれたゴリラの横顔の中で、瞳だけが赤い。こちらをじっと見つめてるような絵だった。
05-03 19:05

片岡鶴太郎展 還暦紅|佐賀県立美術館 https://t.co/ZnrCsAOb9L 何度も見返したのは、京の四季<二曲屏風>。梅、ヒョウタン(?)、ススキに月、竹に雪。鮮やかな色の春と夏、淡い色の秋、静かな色の冬と見事に揃ってた。
05-03 18:59

片岡鶴太郎展 還暦紅|佐賀県立美術館 https://t.co/ZnrCsAOb9L 目玉となってる金魚の屏風は、さすがの美しさだった。端から端へ見て歩くと、光の加減で金魚の色合いが変わる。何となく螺鈿細工を思い出した。一匹ごとの金魚はとても愛らしく、全体としては美しい屏風。
05-03 18:49

片岡鶴太郎展 還暦紅 佐賀県立美術館 https://t.co/ZnrCsAOb9L これ見てきた。すごく良かった!鶴太郎さんの20年にわたる色々な作品が見られるよ。5月8日(日)までだから、佐賀市近郊の方はこの連休と週末に、是非お越しください。
05-03 18:42

佐賀市、結構雨が降ってる。熊本や大分は大丈夫かな。
05-03 13:38

2年半くらい前も、一度は60kgを切ったんだけど、すぐ戻ったんだよな。
05-03 08:29

60.1kg。60kgの壁が厚い。
05-03 08:26

スポンサーサイト



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ