FC2ブログ

「Xの悲劇」「Yの悲劇」「Zの悲劇」「レーン最後の事件」
エラリー・クイーン著、創元推理文庫

 「X」「Y」「Z」の三大悲劇の最後を飾る本編をもって、エラリー・クイーン不朽の四部作は完結する。引退したサム警部とその娘ペーシェンスの事務所に奇妙な依頼人が現われる。事件はシェークスピアの初本版にからまるもので、真相が究明されれば世界文学史の定説をくつがえすかもしれぬような大問題を秘めている。サムの要請によってシェークスピア劇の名優で書誌学者のレーンが出馬する。レーンの輝かしい探偵経歴の最後となった犯罪学史上前例のない大事件!
(「レーン最後の事件」扉より抜粋)

 「Yの悲劇」は子ども向けに訳されるほど有名なので、単品として読まれた方も多いかと思います。あの小説が面白かったのなら、他の3作も読まれることをお勧めしたいです。「X」「Y」→「Z」→「最後の事件」と進めば、「最後の事件」をより味わえるかと…。
スポンサーサイト



コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ