FC2ブログ

「黒後家蜘蛛の会」アイザック・アシモフ、創元推理文庫

 「黒後家蜘蛛の会」の会員-化学者、数学者、弁護士、画家、作家、暗号専門家の6人は、毎月一回晩餐会を開いて、四方山話に花を咲かせていた。が、いったん話がミステリじみてくろと会はにわかに活況を呈し、会員各自が素人探偵ぶりを発揮する!だが、毎回毎回真相を言い当てるのは、給仕のヘンリーだった!
(裏表紙紹介文より抜粋)

 アシモフはロボット三原則で有名なSF作家ですが、推理小説も何作か書いています。「黒後家蜘蛛の会」は話の題材が様々な分野(化学だったり古書収集だったり)から取られてきているためか、お菓子の詰め合わせのように楽しい短編集です。通勤通学のお供によろしいかと。
 日記を書く前にWikipediaを覗いて知ったのですが、アシモフの没年は1992年なんですね。つい最近だったのでびっくりしました。何となく、もっと昔に亡くなられたように思いこんでました。大御所作家の場合、そういう錯覚ありませんか?
AUTHOR: 浅野可恋 IP: 220.56.244.157 DATE: 03/25/2007 17:05:36 ごきげんよう~ 私、ル・グィンとかもうお亡くなりになってるような気がしてました(ごめんなさい)
スポンサーサイト



コメント

ル・グゥイン亡くなってからの方がよかったんじゃないかとのハナシも出てましたよね、「ゲド戦記」。
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ