FC2ブログ

sts6246g

RT @nakamukae: 壊すだけ壊してヒャッハーとマスコミの中の人は楽しいのかもしれないけど、その先に国民の幸福は絶対にない。この国の未来に一切の責任を持たないマスコミであればそれでもいいけど、野党第一党の党首が「それでは国民が不幸になる」と言ってくれたのは救いがあった。
07-27 22:54

RT @nakamukae: 蓮舫代表の辞任会見で「安倍政権を追い込んでも、民進党が受け皿になれなければ政治不信が増すばかりで、それでは国民が不幸になる」という言葉には敬意を表する。先日来、劇場型のワイドショー等で後先考えずに政治をおもちゃにし、既存政党全体の政治不信を増すばか…
07-27 22:54

うとうとしてる、我が家の猫。 https://t.co/OrI7tevqJY
07-27 22:20

RT @kurosaking_yknk: カメ飼おうかなーって言ってる人に「私が5歳の時に兄が買ってきたゼニガメ実家でまだ生きてるし、いまだ年々大きくなってる」って話をすると大抵の人が飼うのをやめる。
07-27 21:55

RT @chounamoul: 「秒刻みの正確さで電車が到着するのは日本だけ!スゴイ!」っていう自慢よくあるけど、数分の遅れも許さずに怒り出す社会よりは、数分くらいは遅れるものだという前提で設計されてる社会の方が合理的だと思う。
07-27 21:46

RT @surumegesogeso: 安倍総理が3500円のカツカレーを食べる姿は、庶民の生活を分かってないと散々テレビに流すマスコミ。でも現在も風評被害に悩まされている畜産業の方々が販売する120円のヨーグルトを牛舎内で食べる安倍総理の姿は絶対に報道しない。マスコミは風…
07-27 16:18

RT @Fuwarin: 「実名報道で無いと心に刻まれない」「切り取りしないと面白くない」と同じですね。受け取り側がどのような判断をするかを発信側が強要してはいけないのです。エンタメや論説ならいざしらず、事実の公知である報道においては。https://t.co/u8HJTkO
07-27 15:09

RT @BlogJoseph: 「少々強めに言ってもいいだろうと感じた。じゃないと広まらないからです」という発言をあるジャーナリストの方のツイートにみて、「ジャーナリズムの文章にレトリックとしての“誇張”は許されるのか?」といういつもの自問。学術的文章においてもそうであるように。
07-27 15:09

RT @eiitirou: 『佐賀県を漫画でアピールしましょう!』という企画を立ち上げるのは解る。『漫画はグラップラー刃牙でいきましょう!』というのも解る。『そこでキャラはこの方々でいきましょう!!』というプレゼンをした人は天才か狂人かのどっちかだよ!!whttps://…
07-27 15:08

RT @Fuwarin: 「報道」で求められているのは「事実」です。語り手の「真実」「思い込み」ではないのです。例えばあるゲームで「100万本売れた」は事実であり、「プレイヤーは騙されている」「信者乙」「あんなつまらないゲームに100万人も金払ったのか」が、語り手の真実です。
07-27 14:58

RT @Fuwarin: これではまるで、社会主義・専制主義体制とどれほど違うのか。君臨している頭が異なるだけで、となってしまいます。
07-27 14:58

RT @Fuwarin: 「報道の自由」が必要不可欠なのは、事実を不特定多数に知らしめ、現状の正しい認識を多数にさせるのが、民主主義を確立し、維持していくのに欠かせないからなのですね。その社会的意義の必要不可欠性を悪用し、「報道」の部分に「論評」「発信側の思惑」を混ぜてしまって…
07-27 14:58

RT @Fuwarin: 「報道の自由」が日米を問わず「報道の自由奔放乱暴狼藉無責任」となっている昨今を見るに、報道そのものの現状までのスタイルにおける寿命が来ているのかなという感が。少なくとも前世紀までの「報道の自由」なる言葉の主旨、意味合い、大義は失われてしまっています。
07-27 14:58

RT @kankimura: ひょっとすると新ライダーはテニュア獲得前の天才物理学者で、国立大学の特任教員をしながら食いつないでおり、文科省の課した厳しい労務時間管理規則の枠をくぐり抜けながら、悪の組織と戦う、という胸熱ストーリーなのだろうか。出動しようとすると、学外研修手続き…
07-27 14:21

スポンサーサイト



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ