FC2ブログ

 納涼話(前)を読まれた後に、こちらをどうぞ。
 友人の話は次のような物でした。

 彼女は薄い紅色の部屋に、私は黄色い部屋に寝ていました。夜中、彼女はふと目を覚ましました。特に理由はなく、何となく目が覚めたそうです。先にも書いたように夏でしたので、ふすまは開け放っていました。彼女は何とはなしに視線をめぐらせ、自分が寝ている部屋と台所の間に女性らしき姿が立っていると気づきました。図でいう赤い丸の位置です。
 生きている人ではありませんでした。

「…え~と…。これまで言わんでくれて、ありがとう」
「まあねえ。何となく、あんたには何もないように思ったから」

 お話はこれだけ。
 おそらく、あの建物は今もあるでしょうし、今でも人が住んでいるでしょう。
 お粗末様でした。

070915.png









スポンサーサイト



コメント

>秋山さん
 翌日には知らされていたんですか…。ははは、その後にみんなを部屋へ誘うようなことがなくて良かったよ。
 私の納涼ネタは、実はもう2つあります。ただなあ、1つは人に説明するのが難しく、もう1つはほぼ間違いなく見間違いだと思うんですよねえ。あ、どちらも子供の頃で、何年前か記憶も定かでないのも問題。
>FPVさん
 家賃はすんごく安かったのですが、その理由は、本来は私を含めて3人で部屋を共同利用する予定だったからです。何故か他の2人が辞退されたので私1人で住んだのですが、家賃は1人分で済んだのでした。ただ2人が辞退した理由は、「職場から遠すぎる」だったと思います。実際、私にとっても、それが凄くきつかった。恐怖のJR総武線快速が唯一の通勤手段だったんですよ…。
>JR総武線快速
 千葉から東京へ抜ける快速電車。千葉市やその近辺の住人が、東京方向へ向かう大路線の1つであるため混む。地獄のように混む。
 一度、つり革も棒も掴めないまま立っていた時に、急ブレーキを経験しました。つんのめったあまり爪先立ちに近くなりましたが、あまりに電車がギュウギュウ詰めだったため、ちょっと体が傾いだだけでした。

ええ、よ~~~~っく知ってますよ。
叔父の家が千葉の大宮団地に有って、東京方面に出張の時はしょっちゅう行って、あの、”棒”を経験してますよ。
だから、時間がかかっても、いっそのこと”黄色”の電車でのんびり行くことも。アキバあたりからだと、偶に座れますからね。又は錦糸町でどさっと降りるから・・・
>辞退者・・・
 実は知ってたりして・・・
「えーーー?リンさん本当に住むのー???」
「止めた方良いよー」
と言う会話が無かったのだろうか・・・vvv
まぁ、でも今だから笑い話で済んでいること。
>今、山口の萩に来ています。台風の影響で風がびゅうびゅー
台風で漁が休みだそうで、どうせ出来ないのならと言うことで漁協関係者の人達こぞって鹿児島方面に慰安旅行に行ってて、それで魚屋も殆ど休みだってよー!!!
 すげぇ・・・(旅館の人、或意味困ってたvvv)
 これが、”萩クゥオリティ" vvv
 んだば、がんばってくださいませ。
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ