FC2ブログ



 左側は「絡新婦の理」で右側は「鉄鼠の檻」。どちらも京極夏彦著、講談社刊。
 分厚い文庫本の持ち運びにブツブツ言っていたら、友人が専用ブックカバーを作ってくれました。これと別に厚さ3cm程度の本に対応できるものも作ってくれたので、全ての京極本と異形シリーズ(井上雅彦編、光文社刊)にブックカバーをかけられるようになりました。ありがとう~!

 自分で作ったらどうだろうかという真っ当な感想に対しては、友人に管理人はまつり縫いもできないと認識されていた事実を持って、その裁縫技能を推し量っていただきたいとお答えする。
 …一応できますよ、まつり縫い。
 ……いちおうだけど。
AUTHOR: say*3 URL: http://say3.blog.shinobi.jp IP: 210.167.2.204 DATE: 02/23/2008 12:43:11 すべての・・・って、<異形>は[讀本]まで入れたら40冊ありますよ(汗。 ワタシは手元にあるのは20冊くらいですけど。旧出版社分の<異形>は倉庫送りになってるので。
スポンサーサイト



コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ