FC2ブログ

20090425140117
20090425140114
のんびりしてます。

 さて、福にはのんびりしてもらうとして、私の方。年度末前後が繁忙期なので時間がとれた今のうちに、以前からここに転載したかったブログ記事をご紹介します。これが、今の「福ふく」最上段にあるバナーの説明です。

==以下、「代表戸締役 ◆jJEom8Ii3Eの妄言」より転載
三橋貴明、渡邉哲也 共同キャンペーン 日本の田植え祭

三橋貴明氏ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/
田植え祭まとめ@Wiki http://www25.atwiki.jp/tauesai/
放送倫理・番組向上機構に意見を送るスレ http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/event/1237087685/

皆様、メディア報道のあり方に、疑問を抱いていませんか?

極端な揚げ足取りや人格否定など、下品な報道のあり方に私は疑問を抱いています。
また、恣意的な報道、ミスリードなど情報操作と思われる言動も、さすがに目に余って参りました。

例えば、麻生総理の漢字の読み方に関する報道、総理大臣はアナウンサーではありません。
漢字が読めない、又は読み間違うこと、これは、総理大臣としての能力に必要な物なのでしょうか?

日本では、「漢字が読めない、又は読み間違う人間」は、総理大臣になれないのでしょうか?
確かに、アナウンサーとしては、失格かも知れません。
しかし、総理大臣の仕事は、原稿を正しく読むことではありません。

この国の代表として、国民に自分の言葉で語りかけること、そして国の枠組みを作ること、それが総理に与えられた使命でしょう。

恣意的な言葉狩りをされたら、自分の言葉を失ってしまいます。それはこの国にとって、非常に不幸なことでしょう。
言葉狩りとは、人として最低の行為であり、言論の自由と民主主義を根本から否定する行為であります。

日本には、放送に関する審査機構として、放送倫理・番組向上機構(BPO)というものがあります。

安倍総理の時、野放しに近い状態にある放送に関して、規制を強化する動きがありました。
監督する側である総務省が、第三者機関を作り、これを監視しようという動きです。

しかし、メディア側は、言論の自由を盾に強硬に反対し、結果として、メディアの自主規制団体であるBPOの機能を拡充するということで決着しました。

そこで。皆様に提案です。

放送メディアによる偏向報道や人格否定、言葉狩りなどがあった場合、BPOに意見をお送りいただきたいのです。

 ちなみに、今年一月にBPOに送られた意見は、1,230件、その中には偏向報道や言葉狩りに関する意見も、多く含まれています。
http://www.bpo.gr.jp/audience/opinion/index.html

この意見の数が、膨大な量になったら、メディア側の団体であるBPOも動かざる得ないでしょう。

               諦めたら終わりです。

自分の意見を伝えることが、この国をより良いものにすることでしょう。

BPOとしても、多くの意見が寄せられた場合、対応を迫られることになるでしょう。そして、彼らが対応しなければ、総務省などの規制強化の切っ掛けにもなることでしょう。

非常に嫌らしい言い方をすれば、民衆を諦めさせ、行政による規制をさせない為の組織がBPOです。

総務省も政治家も、民衆の後押しがなければ動けないのが現状です。いまの放送のあり方に問題があると思われた方、意見がある方は、是非、ご自身の意見を、BPOにお送りください。

意見の受付は
http://www.bpo.gr.jp/audience/send/index.html

*意見に関しては、個別の番組名や司会者名、時間など具体的な情報を入れることが需要です。

具体的情報がない場合、処分や指導の対象にはなりづらく、効果が限定されます。


ちなみに、放送法では、放送の目的として、下記の通り規定しています。

(目的)
第1条 この法律は、左に掲げる原則に従つて、放送を公共の福祉に適合するように規律し、その健全な発達を図ることを目的とする。
1.放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること。
2.放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。
3.放送に携わる者の職責を明らかにすることによつて、放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること。

もし、この法律に反していると思われた場合、BPOにご通報ください。

http://www.bpo.gr.jp/audience/send/index.html

皆様の一つ一つの大切な意見が、この国の未来を守り、そして、動かすかもしれません。
一人では何も出来ませんが、小さな力が1つになれば、きっとこの国をより良いものに変革できます。

*このページ及び文章はリンクもコピーもフリーです。
是非、我々にご賛同いただける方は、職場の方や親族など周囲の方にも、お伝えください。
2chでの無分別なコピペ等は、2ch運営などにご迷惑をおかけしますので、ご留意ください。
スポンサーサイト



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ