FC2ブログ

「09総選挙に問う―成熟日本に新産業革命を」
http://www.asahi.com/paper/editorial20090814.html

 8月14日付の朝日新聞社の社説が噴飯物だったので、ご紹介します。
 ここから一部引用。

 たとえば世界同時不況に打ち勝つ原動力の一つとして世界が注視する中国の成長は、手ごわいライバルの台頭であると同時に、日本に隣接する市場が豊かになることも意味する。


 よく中国が「13億人の巨大市場」ともて囃されますが、その13億人の購買力についてどんな内訳になるのか、この記事を書いた人が正確に把握しているのか謎です。知っていて記事を書いているなら、詐欺です。中国が他国が期待するような市場になれるかは、甚だ疑問です。
 中国は自国の人口を正確に把握していません。それは戸籍に乗らない国民がいるためで、詳しい事は「黒亥子(ヘイハイズ)」というのを自分で調べてみて下さい。次に中国政府が出す統計資料が信用できないのが問題です。有名なのが「地方行政が発表したGDPを合計したら、中央政府が発表したGDPを越えてしまった」というものです。これもインターネットでちょっと検索かければ、あちこち新聞記事がでますんで探して下さい。中国の経済問題に触れた書籍なら、書かれています。そして、日本人が間違うのがここだと思うのですが、「日本人が当たり前と思っている生活は、中国人にとって当たり前ではありません」。日本人が普通に買う物を、中国人は何年かかって働いても買えないというのはザラです。「13億人」と宣伝しても、その内にどれだけの人に「物を買う豊かさ」があるのか非常に疑問です。この辺りは、書籍で読んでもらうのが速いですが(書ききれない)。
 「わが祖国、中国の悲惨な真実」陳惠運・飛鳥新社
 「写真録 さらば中国」八木澤高明・ミリオン出版
 「中国経済がダメになる理由」石平×三橋貴明・PHP研究所

 アジアを「共通市場」として繁栄させるには、日中韓を中心とする自由貿易圏づくりが課題となる。東アジア共同体や、アジア共通通貨構想も真剣に検討する時期を迎えている。


 民主主義国家である日本や台湾等と、社会主義国家である中国・北朝鮮・ベトナムがどうやって「共同体」を作るのか教えてもらいたいもんです。また「アジア共通通貨構想」って、現在の日本円とそれ以外のアジア通貨の力量が違いすぎる問題を、どうやって解決するつもりなんでしょうか?輸出依存国家(GDPに占める輸出額が高い)の中国なんて、輸出促進のため人民元の値上がりを政府が必死で抑えている現状で、今から通貨価値が上がると国が沈むとまで危惧されてるんですけどね。朝日新聞社って中華人民共和国と繋がりが深いと聞いていたので、中国に「死ね」と言うとは驚きです。
 そうそう、この手の「共同体」を持ち出す人は「EUを見習え」と言いますが、今回の経済危機で、あそこ解体直前の危機を迎えてます。何を見習うんでしょう。

 一方、日米間での自由貿易協定(FTA)の推進も、避けて通れないテーマである。農産物の輸入自由化の試練を乗り越えるために、減反廃止や戸別所得補償の導入など抜本的な農政改革が求められるだろう。


 民主党応援団。
スポンサーサイト



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ