FC2ブログ

 投票前に、是非読んでいただきたいブログが3つ。

「農と島のありんくりん」
http://arinkurin.cocolog-nifty.com/
一部抜粋

 今とりあえず押さえておかねばならないことは、日本経済界の中枢の意志は明瞭に「グローバリゼーションは国益であり、その障害となっているのは農業である」としていることです。
 ですから、民主党がマニフェストでFTA交渉から農業市場自由化を除外しようとしまいと、なんの拘束力もなく、農業市場自由化を前提としないFTA交渉などそもそもありえないのです。
 発展途上国を対象とするそれと異なり、米国、EU、オーストラリア、中国を相手にしたFTA交渉において、最重要交渉議題こそが農業市場問題であり、移行期間や、セーフガードなどの多少の避難措置は交渉議題となりえても、農業を交渉の外に外しては、FTA交渉自体が開始できません。そのようなことは経産省官僚出身であり、かつイオン財閥の御曹司の岡田氏が知らないはずもないでないですか。



廣宮孝信の反「国家破産」論 ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/21193914.html

新規国債の発行を
「増やさない。増やしたら国家が持たない」
国の借金がこれ以上増えると、国家が持たないそうです。
国の借金よりも国の金融資産の方が多かったアイスランドが事実上国家破綻、
つまり
「国家が持たなかった」のは、なぜでしょうか、鳩山さん…
新規国債の発行を増やさない
というのでは、
新規国債30兆円枠
と言っていた緊縮財政の小泉政権と変わらないことになります。
それに、新規国債の発行を「増やさない」あるいは減らすとしても、
つまり、
44兆円の発行を40兆円とか30兆円に減らしたとしても、
新規国債の発行を続ける限りは、国の借金残高は増えます。
ということで、
その「国家が持たない」というのが
仮に、「これ以上国の借金残高た増えると持たない、破綻する」
と言う意味でしたら、
新規国債の発行を抑制したとしても、国の借金残高は間違いなく増えるので
来年度は確実に日本は破綻します。
政権交代したとたん、残念ながら、見事にご臨終です。



新世紀のビックブラザーへ
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/30442490.html

 ア~ホ~か~っ!!!(珍しく心の叫び)
 まんま小泉政権の「国債発行は三○兆円しかやらない」公約そのものじゃないですか・・・。民主党は「小泉路線からの決別」を謳い文句にしているくせに、やろうとしていることが小泉政権の緊縮財政そのものとは、どういうことなのでしょう。
 むしろ「小泉路線回帰(アンチ麻生式経済対策)」と主張する方が、焦点が明確になってフェアというものです。
 
 正直、現時点でリチャード・クー氏やわたくしのように、「バランスシート不況下における緊縮財政は愚策だ!」と橋本政権や小泉政権を批判するのは、やや後だしジャンケン的でアンフェアかも知れません。数字上は緊縮財政は間違いだったわけですが、別に両政権共に、
「日本経済を悪化させよう!」
 という目的で緊縮財政を始めたわけではないでしょう。
「どれほど悪い結果に終わったことでも、それが始められた、そもそもの動機は善意によるものであった(ユリウス・カエサル)」
 しかし、今から同じことを試みるとしたら、さすがに愚者としか呼びようがないわけです。



 後は読んで、自分で考えて下さい。
スポンサーサイト



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ