FC2ブログ

補正予算凍結「問題ない」=岡田氏
9月11日17時23分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090911-00000119-jij-pol

 民主党の岡田克也幹事長は11日の記者会見で、宮崎県の東国原英夫知事が「鳩山内閣」による2009年度補正予算の一部執行凍結に、法的措置も辞さないと反対していることについて、「(予算を)いつ使うかは国が決定することだ。分配が終わっていないものについては何の問題もなく執行停止できる」と述べた。
 また、「(09年度補正予算は)国に残っているものもあれば、配分を終わったものもある。その状況を見ながらどこまで凍結するかを考え、最終的には減額補正する」と改めて強調した。 



 実際に農業に携わる方の御意見です。
農と島のありんくりん
http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/
民主党の農地集積加速基金凍結は大間違い基金は耕作放棄地対策として有効
2009年9月 8日 (火)
http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-38eb.html
一部抜粋

 昨夜のテレビの報道番組で、筒井信隆さんが出てコメントを出しているのを見ました。(中略)
筒井さんのしゃべったことはに要するに、「土地を貸すほうに金を出しても無駄だ。借りるほうの経営を安定させるのが先だ。だから農家戸別所得補償をする。文句あっか」というらしいことです。
 結局、なにを言っても日米FTAを口走ろうが、農地集積促進凍結の是非を問われようが、答えはひとつ「農家戸別所得補償制度があるから大丈夫」というわけです。これではもう政策論議になりません。始めから答えはひとつしかないというのか、単なる同義反復ですもん。
 なにがなんでも、全額基金の受け皿団体に全額振込済みであっても、凍結する、と。農家所得補償制度に金を引っ張るために潰す、と。もう結論が先にあるんだから、なにを農民が言っても無駄というわけです。


今度は収穫直前に緊急農機械リース支援を凍結ほんとうに農業現場を知らない民主党
2009年9月 9日 (水)
http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-354b.html
一部抜粋

 しかし選挙好きのわが村の衆も、衆院選と同日であった県知事選、そして今回の市長選ですから、さすがくたびれているみたいですね。うちにも両陣営が一回来たきりという静かさ。片方の陣営で来た運動員に民主党候補の旗を振っていた知り合いがいたので、土地集積促進基金や、緊急農機械リース支援事業をなぜ民主党がぶっ止めたのかを聞いてみました。

 この緊急農機械リース支援事業は、目と鼻の先の収穫期に使うというので、申し込んだ人が、うちの村にもいるからです。「いやー、わかんねぇよ。おれさに聞かねぇでくれや。オレが推した新人議員だって、まだ国会にも行ってねぇべさ」とのことでした。チャンチャン♪

 まぁ、村の民主党支持者の諸君には衷心から同情を惜しまないよ。祝宴を上げてバンザイを連呼していたが、その後はさんざんだもんなぁ。
「いっぺん変えるっぺよ」はいいが、何変えてるんだつう~の罵声の連続でたまらんよな、お察しします。
 この緊急農機械リース支援事業も、民主党が農家所得補償制度という金看板を作るために、姉葉建築士よろしく農業という建物の鉄筋を抜いた仕事です。

 しかも今回は農業機械のリース事業が執行されて、もう使う寸前になっての緊急凍結。ありえないですね。常識の外です。村の民主党支持者も、さすがに弁護しようがなくて、黙ってしまいました。



 誰かにとっては有効な事も、だれかにとっては有害な事です。民主党の政策を調べれば調べるほど、物事の良い面のみを強調し続け、悪い面を隠そう隠そうとしているように見えます。
 今日、よく行くお店の方とお話したのですが、その方は民主党の年金一元化による保険料増額の事も、温暖化ガス25%削減による家計負担の試算(年間36万円、一か月当たり3万円)の事もご存じなかったです。
 とにもかくにも、調べましょう。ネットサーフィンするだけでも、違う側面が見えてくるんですから。
スポンサーサイト



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ