FC2ブログ

 韓国の新聞です。自動翻訳ですので、間違いがあるのなら教えて下さい。

日王が歓迎を受けて訪韓しようとするなら
毎日経済(聯合ニュース配信記事)(韓国語)(2009.09.15 17:25)
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?sc=30000021&year=2009&no=484905&sID=300

李明博大統領が、再び日王の訪韓に対して肯定的な立場を表明した。聯合ニュースと日本の共同通信との共同インタビューの席でのことだ。李大統領は就任直後の昨年4月に日本を訪問した際も、マスコミのインタビューに対して「(日王の)訪韓に何らかの制限があるとは思わない」
という立場を明らかにしたのに続き、明仁日王に会った席で訪韓を公式招請した。李大統領は、共同通信側がその事実を挙げて日王訪韓の可能性を質問したのに対して、「日本天皇は世界各地を訪問したが、韓国は訪問できなかった。訪韓が来年中にもなされれば両国間に大きな意義があるのではないかと思う」と述べた。

韓日両国が未来指向的なパートナー関係を維持して首脳間の「シャトル外交」をしようという中、日王の訪韓がいまだ実現できないでいるのはどうあっても正常とは言い難い。そうした点から、日王の訪韓問題に開かれた心を持って対応する李大統領の認識は正しいと見られる。特に来年は、韓日強制併合100年に当たる年だ。今や両国が暗かった過去の歴史を清算して、膨らみがちな対立関係に終止符を打つべき時だ。それでこそ未来指向的パートナー関係を一層発展させてゆくことができ、真の協力者として手を取り合うことができる。教科書歪曲、慰安婦問題責任回避、靖国神社参拝など韓日両国間に絶えず対立を惹起させる過去の問題に対して日本側が理性を持って考えるならば、韓日関係発展のためにどんな態度を取るべきか自ずから答は出てくるだろう。

「過去に問題が全く無くはないが、韓日関係が過去にばかり縛られてはならない」という李大統領の話は、歴代大統領らの認識と脈を同じにする。金大中・元大統領も1998年に日本を国賓として訪問した際、こうした脈絡で2002年の韓日共催ワールドカップ開幕式に日王が参加することを正式に要請していた。しかしワールドカップが開催される頃には歴史教科書問題などで韓日関係が悪化しており、日王訪韓は実現できなかった。結局、日王の訪韓が実現できないのは日本側の事情のせいであったわけだ。

今でも日本のマスコミの関心は、日王が訪韓する際に韓国の世論が果たしてどんな反応を見せるのかに集中しているという印象がある。実際、日王が韓国を訪問して歓迎を受けようとするならば、先に日本がすべきことがある。いまだ過去の問題が完全に解決されたと考えていない韓国国民に信頼できる終止符を打たねばならない。そうでなければ、日王が韓国国民の歓迎を受けて訪韓するのは難しいであろう。



 韓国については、正直うんざりするような情報しかありません。あ、「日王」というのは韓国人が天皇陛下を侮蔑する言葉です。日本と揉めている竹島については国際司法裁判所に絶対に出てこないのに、中国と揉めている間島では下のような記事が出てきます。

中国は、我らの領土『間島』を返還せよ」… ハーグの国際司法裁判所に提訴。日本にも協力を要請
Naverニュース(Newsis配信記事)(韓国語)(2009-09-04 17:08)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0002849065

間島協約100周年、「間島領有権を回復しよう」

間島(カンド)協約締結100周年に当たる4日、市民団体が間島の領有権を回復しようと声を高めた。

民族会議統一準備政府(KNCUPG)は4日午後、ソウル市鍾路区の中国大使館そばで「間島協約無効宣言集会」を開き、「民族史100年ぶりに国際司法裁判所に間島問題を正式提訴した」として、間島を取り戻さねばならないと主張した。

金ヨンギ代表と韓グクトン事務局長など民族会議代表団は今月1日、オランダのハーグにある国際司法裁判所に、間島返還請求訴訟を提起した後、4日帰国した。

民族会議は、「これまで、我らの領土である間島は民族主権を発揮できない関係で、100年にわたり放置されてきた。今回の間島提訴で、我が民族が分断を克服して統一して大和合・大統合される契機になることを願う」と強調した。

民族会議は更に、「中国が、間島を国際法的手続により返還して南北統一に協力することを願う。日本も新しい姿で過去を反省して協力することを望む」と求めた。

これに先立ち、民族運動団体連合と独立有功者遺族会、間島歴史研究会など約140の民族団体で構成された「間島領有権回復のための国民運動本部」は4日午前、ソウル市内の光化門広場で記者会見を開き、「間島協約100年/間島領有権回復のための国民請願運動」を展開すると発表した。

国民運動本部は、「間島領有権回復のために政府と国会が対応することを求め、国際司法裁判所にこの問題を提訴するための国民請願を宣言する。間島問題を平和的に解決することによって、東北アジア地域平和に寄与できるよう、持続的に努力しなければならない」と求めた。

国民運動本部は、「今年で締結100年をむかえる間島協約は法的権限がない第三国の手によるものであり、乙巳勒約(訳注:第二次日韓協約のこと)を根拠に締結された不法な協約だ」として無効性を強調した。

間島協約は1909年9月4日、日帝が清国から南満洲鉄道敷設権を保証される代価として清国と結んだ協約で、当事国である我が国の主張は無視されたまま間島に対する清国の領有権が認められた。


 韓国に観光に行く方は、こういう国だと分かって行くのでしょうか?
スポンサーサイト



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ