FC2ブログ
09 17
2009

20090917222210
猫のくつろぐ姿です。
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

 さて、福で和んだ後は、うんざりさせられる国のニュースです。韓流って、こういう国の何が良くて流行ってるんです?
 例によって自動翻訳なので、間違った訳があったら教えて下さい。

李明博大統領の「日本天皇」表現で論難
NAVER/朝鮮日報(韓国語)
2009-09-16 09:38
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=023&aid=0002083022

李明博(イ・ミョンパク)大統領が明仁日本国王を指し示し、『日本天皇』という表現を使って論難が起きている。

李大統領は15日、青瓦台(大統領府)で聯合ニュースのパク・ジョンチャン社長、日本・共同通信の石川聡社長との共同インタビューを行った際、日王の訪韓問題に言及しながら、「日本の天皇が韓国を訪問する事はとても特別な意味がある。韓国を訪問する事も重要だが、どの様な姿勢で訪問するのかがとても重要だ」と語った。

李大統領はまた、「日本の天皇が世界中を訪問しているが、まだ韓国には訪問していない」とし、「天皇訪韓の可否が議論になること自体、日韓に相当な距離感があるということだ」としながら、数回『日本天皇』との表現を繰り返した。「両国関係の距離を完全に無くし、終止符を打つ契機になる」、「来年中に行われると、両国間でとても大きな意味がある」と言及した部分である。

これに関連して、キム・ウンヘ大統領府報道官も『日本天皇』という表現を使い、「来年、日本の天皇の訪韓が成立すれば過去問題に終止符が打たれ、未来に向けて進むきっかけとなる」と明らかにしたと聯合ニュースは伝えた。このように、李大統領が日王を『日本天皇』と表現した事が聯合ニュースの記事を通じて伝わると、一部のネチズン達は「日本の王が天皇なら、金正日(キム・ジョンイル)は国父だ」、「大韓民国の国民は『日王』と呼ぶけど?」など、非難のコメントを載せながら興奮を隠しきれない。

これに対して青瓦台の関係者は、「『天皇』が日本国内で一般的に使われる固有名詞で、共同通信側から『天皇』の表現を使って質問をして礼遇しただけ」と言いながら、「金大中(キム・デジュン)元大統領政府の時、『日本天皇』の表現を公式に使う事にした後、独島問題が浮上しながら再び『日王』表現を使うようになっている」と明らかにした。

青瓦台によれば、『天皇』の表現は金大中元大統領が1998年10月、国賓として日本を訪問した際に政府次元の公式名称と規定され、これに先立ち同年の9月、『相対国の呼称通りに呼ぶ事が外交慣例であるため、今後は政府が『天皇』の呼称を公式的に使う」と発表した。2003年6月、盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領が国賓として訪日した時も、『天皇』の呼称を使っている。

青瓦台側は、「1998年10月、『天皇』呼称に対する政府の公式立場を明らかにして以降、ずっと使って来た状況で、再び『イルワン(日王)』、『イルファン(日皇)』などの呼称を繰り返した場合、呼称問題を巡る物議が再燃して、韓日友好協力関係に不必要であり望ましくない影響をもたらす恐れがある」との立場を明らかにした。

青瓦台は引き続き、「国際外交上でも相対国の呼称を使うのが慣例」言いながら、「漢字使用国家である中国と台湾も日本天皇の公式呼称は『天皇』を使っている」とし、「イギリスやフランス、ドイツ、ロシア、フィリピンなどの英語圏の国家では、皇帝という意味の『Emperor』を使っている」と明らかにした。


 ちなみにこの記事、朝鮮日報の日本語版には出てません。けっ。
 少し前、マスコミがやたらとウォン安を強調して韓国旅行を煽ってましたが、こういう国だって知っていてやっているのでしょうか。韓国での性犯罪率と偽証に関する情報を知ると、絶対に観光で行くような国ではないと思うようになりますよ。

 1年間くらい朝鮮日報(日本語版)と東亜日報(日本語版)を読み続けると、この国の性質が良く分かるようになります。合わせて、下記の本がお勧めです。
韓国:倫理崩壊1998‐2008―社会を蝕む集団利己主義の実情韓国:倫理崩壊1998‐2008―社会を蝕む集団利己主義の実情
(2008/06)
呉 善花

商品詳細を見る

韓国人につけるクスリ ―韓国・自覚症状なしのウリナライズムの病理韓国人につけるクスリ ―韓国・自覚症状なしのウリナライズムの病理
(2005/10/20)
中岡 龍馬

商品詳細を見る


韓国人につけるクスリ 2打!韓国人につけるクスリ 2打!
(2006/07/31)
中岡 龍馬

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ