FC2ブログ

 トヨタとテレビや新聞との関係を考える時、最初に来るのがこれ。

▽Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080829-00000227-jij-bus_all(リンク切れ)
 トヨタ自動車が原材料価格高騰や北米市場低迷で収益が圧迫されていることを受け、2009年3月期(今期)に新聞やテレビなどのマスメディア向け広告・宣伝費を、前期比3割弱削減することが29日、明らかになった。同社は今期の連結営業利益を29.5%の大幅減益と予想しており、経費削減を一層推し進める。 広告・宣伝費については最大手のトヨタのほか、日産自動車など大手各社も 絞り込みを始めている。マスメディア業界の収益にも影響しそうだ。


 受信料で成り立っているNHKや、赤旗や聖教新聞のように特定の購買層がいないテレビ局は広告費用が命綱です。しかし、視聴率の低下に現れる「テレビを見ない人」の増加、インターネット上の広告に比べて費用対効果が見えにくいという短所、そして広告代理店やテレビ局へ支払う代金の高さ(ネットと比較した場合)により、テレビや新聞への広告は減っています。
(この辺りは電通株式会社の資料に出てくるので、興味のある方はどうぞ。こんな奴です。 http://www.dentsu.co.jp/news/release/2010/pdf/2010020-0222.pdf

 さて、それを踏まえてこちらの記事。

強きには萎縮し、弱きには居丈高になる。(一部抜粋)
文/青山繁晴(独立総合研究所 代表取締役社長)
http://mp-j.jp/modules/d3blog/details.php?bid=57&utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter
 日本のマスメディアへの国民の不信は、ひとつには、これではないか。わたしは新米の事件記者のとき、先輩記者たちがわぁわぁと話しているのを横で聞いて愕然としたことがある。妻をDVで殺した男が、車に閉じこもった。記者たちは車を取り囲み「出てこい」と叫んでいた。ところが男が意を決してドアを開け、いちばん近くの記者に掴みかかると、すべての記者がその仕事仲間を見捨てて一斉に逃げたという。「中にいたときは弱っちい奴に見えてさ、安心して怒鳴ってたら、そいつが出てきただけで友だちを見捨てるんだから」と自他をともに笑いとばす先輩をみて、『俺はいつか記者を辞めるだろう』と思った。(後略)


 詳しくはリンク先である「Media Patrol Japan http://mp-j.jp/」でどうぞ。

 ついでにお勧め。
NHK捏造事件と無制限戦争の時代NHK捏造事件と無制限戦争の時代
(2009/11/21)
藤井厳喜ケンブリッジ・フォーキャスト・グループ

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
クリック募金
月別アーカイブ
和色大辞典
We Love Japan
プロフィール

モリヤマリン

Author:モリヤマリン
FC2ブログへようこそ!


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ